高齢出産で赤ちゃんに障害が出ないか不安!出生前診断は?

高齢出産の場合、「元気に生まれるか不安」という気持ちを抱えたり、悩んでしまう場合もあるのではないでしょうか。出生前診断を受けるべきでしょうか?
MENU

高齢出産で障害が出ないか不安

赤ちゃんを迎えるにあたり、喜びと同時に不安を感じられる方も多いでしょう。

 

とくに高齢出産の場合、「元気に生まれるか不安」という気持ちを抱えたり、悩んでしまう場合もあるのではないでしょうか。

 

 

そうした不安を解消するためには、やはりパートナーである
旦那さんと、しっかりと話し合っていくことが大切です。

 

生まれてくる赤ちゃんのこと、そして現在の気持ちや将来に向けての不安、心配事なども、夫婦で考えることで、気持ちを前向きに向けることができます。

 

どんな赤ちゃんにも、素晴らしい人生を送ることができる

 

授かった命は意味がある、どんな赤ちゃんにも、素晴らしい人生を送ることができる
たくさんの可能性がある、そう考える方が多いでしょう。

高齢出産で障害が出ないか不安

仮に万が一、障害があっても幸せになれないわけではありません。

 

実際に、様々な障害を抱えていても、大きな活躍をしている方がたくさんいらっしゃいます。

 

困難を乗り越えることにより、一層広い視野と深い洞察力を手に入れ、多くの人から必要とされる、そんな人生を送っている方もいるでしょう。

 

ただ、やはり親の気持ちとしては、子供により困難の少ない人生を送ってもらいたい、
そう感じる方も多いのではないでしょうか。

 

出生前診断を受けるという選択肢もありますが、
この方法にはメリットだけでなくデメリットもあります。

高齢出産で障害が出ないか不安

簡単に受けられるものではありませんから、より一層悩みを深めてしまう場合もあるでしょう。

 

また、出生前診断の結果を知ることで、さらに厳しい選択を迫られる可能性もあります。出生前診断を受けるべきかどうかについては、パートナーや医師とじっくり話し合った上で、決断することが大切です。

 

 

葉酸サプリは神経管閉鎖障害リスクを低減することができます。

 

元気な赤ちゃんを迎えるために、より前向きに行動していきたい、そんな場合にはサプリメントなどを活用するのも一つの手ではないでしょうか。

高齢出産で障害が出ないか不安

赤ちゃんの健康が心配なら 葉酸サプリを飲んで、出産に備えておく、というのが良いかもしれません。

 

葉酸は妊娠中に非常に重要な栄養素だといわれています。葉酸が不足していると、生まれてくる赤ちゃんの神経管閉鎖障害リスクが高まるともいわれているのです。

 

神経管閉鎖障害は、二分脊椎症や無脳症などの症状を引き起こすものであり、治療が困難だとされています。要因として遺伝、環境、そして妊娠初期の葉酸不足が挙げられており、葉酸不足については積極的に対策していくことができるのです。

 

神経管閉鎖障害のリスク低減を考えるのなら、
手軽に葉酸が摂取できるサプリメントを、飲んでおくとよいでしょう。

 

葉酸サプリの選び方についてはこちらを確認してみましょう。
⇒葉酸サプリの選び方について確認してみる≫

関連ページ

妊娠した時の「衣・食・生活」は?
妊娠を意識したら、生まれてくる赤ちゃんのために基礎知識を得ることが大切です。いつ赤ちゃんをおなかに授かってもいいように準備をしておきしょう。
妊娠検査薬を試すタイミング
妊娠検査薬を試すタイミングは人にもよりますが、気になったら早めに試すことをおすすめします。なぜなら遅れることによって注意が必要だからです。気になったかたはまずは確認してみて下さい。
妊娠中、薬やサプリメント飲めるの?
妊娠中に薬やサプリを飲むのは大丈夫なの?胎児に影響があったら心配ですよね。そんな疑問や不安を感じてるならチェックしてみましょう。
妊娠中カフェインはダメなの?
妊娠中には、赤ちゃんに影響する心配から飲むものには注意しなければいけませんが、カフェインは飲んではダメなのでしょうか、カフェインを摂り過ぎると悪いというのは本当でしょうか?
葉酸400µgを摂るには?
厚生労働省からは、妊娠中の女性は、栄養素を1日あたり400㎍摂取することを呼びかけています。でも実際に食事だけで摂れるの?どうすればいいのでしょう?
赤ちゃんが元気に生まれるか不安
初めての妊娠したときはうれしいという気持ちと元気に生まれるか不安な気持ちでいっぱいだと思います。でも不安なのはみんな同じです。あなただけじゃないですよ。
妊娠中の貧血予防
妊娠中の貧血は特に注意が必要ですので、鉄分補給にも気を配る必要がありますが、食事からの摂取は大変です。どうすれば効率よく摂れるのでしょうか?
このページの先頭へ