赤ちゃんのために妊娠中に飲む葉酸サプリの安全性が気になる!

妊娠中のママのためには葉酸が必要です。ですが葉酸サプリに頼っても本当にいいのでしょうか?大切な赤ちゃんのためにその安全性や副作用が気になる方はこちらです。
MENU

葉酸サプリについて

胎児のため、妊娠中のママのためには葉酸が必要です。

 

胎児の神経管閉鎖障害を防ぐ効果が期待できる葉酸の摂取は、厚生労働省でも1日あたり400μgを推奨しています。

 

 

しかし、この量の葉酸を食事のみから摂るのは困難です。

 

また葉酸は水や熱に弱い性質があるので、葉酸を含むほうれん草やブロッコリーなどの野菜を洗ったり火にかけたりするたびに失われていってしまいます。

 

安全性が高く飲みやすいAFC

 

葉酸サプリについて

それを補うためには葉酸サプリが最適です。その中でも安全で飲みやすく、効果が高いと人気なのがAFCの葉酸サプリです。

 

AFCの葉酸サプリは46年の販売実績を持ち、50店舗を超える百貨店出店数を誇ります。

葉酸サプリについて

 

妊娠中に飲む葉酸サプリを選ぶ時、赤ちゃんを宿すママが直接口にするものなので、
安全性への配慮は欠かせない条件です。

 

天然、や合成、など言葉の持つイメージのみで選ぶのではなく、科学的に実証されたものを選ばなければなりません。

 

この葉酸サプリは、しかるべき機関が行った実証データと企業の持つ経験、知識、ノウハウを合わせて作られた商品です。厚労省が推奨しているのは、モノグルタミン酸型の葉酸です。天然の、とうたっていても、ポリグルタミン酸型の葉酸に胎児の障害リスクを減らす科学的根拠はありません。ここは注意が必要です。AFC葉酸サプリはモノグルタミン酸型の葉酸のみを使用しているので安心です。

葉酸サプリについて

妊娠中のママには、葉酸の他にもたくさんの栄養素が必要です。この葉酸サプリにはカルシウム、鉄分、ビタミン、ミネラル群など、ママに必要な栄養素がバランス良く配合されています。

 

また原料は、ロット毎に品質試験を行い、合格したもののみを使用するという厳重な品質管理を行っています。そしてそのすべての原料公開をしており、安心を提供しています。近年特に心配な放射線セシウムのスクリーニング検査も実施しています。

 

生産地も気になるところですが、この葉酸サプリはGMP認証工場による国内生産のみの健康補助食品です。衛生管理にも徹底的にこだわっています。

 

 

飲みやすさも継続して飲み続けるには重要なポイントですが、この葉酸サプリは粒が小さく、匂いも気にならないなど飲みやすく作ってあります。毎日使うものなので、ストレスなく飲めるのは大きなメリットです。

 

葉酸サプリについて

効果が証明された葉酸を配合し、体内での吸収率が高く、安全。赤ちゃんとママのため妊娠中に摂るものとして理想的な葉酸サプリが、AFC葉酸サプリです。

 

大切な赤ちゃんの発育と共に、健康、美容の維持にも役立つこの葉酸サプリは、多くのママに支持されています。
さらに詳しく知りたい方は、AFCのオンラインショップでわかりやすい解説が確認できます。

 

⇒AFCのオンラインショップはこちら≫

関連ページ

葉酸は食事+サプリメントでしっかり
葉酸は実際には食材にも含まれている物ですが食事だけで摂るのは正直大変です。コンスタントに葉酸を摂取する為には、食事+葉酸プリメントの利用が効果的です。
葉酸サプリ、大きい粒は飲みにくい
つわりの時はなかなか色々な物を食べる事が出来ないので葉酸サプリを飲むのも不安ではないですか?注意したいのは、つわりの時は大きい粒は飲みにくいという事です。出来るだけ負担を少なくして小粒タイプを利用する方が無難です。
葉酸をサプリメントで摂るメリット
妊活中や妊娠初期に摂りたい葉酸、ですが食事だけで1日400の葉酸を摂取しようとすると、かなり難しいです。ですから妊活中や妊娠初期は葉酸をサプリメントで補いましょう。
このページの先頭へ