MENU

人によっては大体妊娠5週目、6週目あたりから胃がむかむかして来たり、吐き気を感じたり、また実際に吐いてしまう事があります。
これはつわりで、一般的には妊娠3か月から4か月頃には次第に軽くなってくるのですが、出産まで続く人もおり、人それぞれとなっています。

 

つわりの時はなかなか色々な物を食べる事が出来ないだけでなく、食事の形等にも敏感に反応してしまう事も少なくありません。
また食べると吐いてしまうという事も多く、人によってはフルーツしかダメだと蚊、フライドポテトしか嫌だという様な偏食になってしまう事もあります。
妊娠中は基本的に栄養素をバランスよく摂取する必要がある為、不足している分はサプリメントを利用して補うというのが一般的です。

 

ただ注意したいのは、つわりの時は大きい粒は飲みにくいという事です。
サプリメントなんて簡単に飲む事が出来るのではないかと思っている人もいますが、実際には飲むという行為はとても辛く苦労する場合があります。
その為、つわりの時の葉酸サプリは妊娠中でも飲みやすいタイプを選ぶ必要があります。
大粒となるとどうしても喉に引っかかる感じがしてしまったり、食道に貼りついた感じがしてしまう事もある為、出来るだけ負担を少なくして飲むという事からも小粒タイプを利用する方が無難です。
これであれば何かが残っている様な感じもしないので、安心して利用する事が出来ます。

 

AFCの場合、直径が8ミリなのでそれほどサプリメントの粒としても大きな方ではありません。
また実際に丸みを帯びた形状となっているので、飲む時にもそれ程違和感なく飲む事が出来ます。
したがって、妊娠中でも飲みやすいタイプの葉酸サプリだと言っても良いでしょう。

 

勿論食事などで必要な栄養素を摂取する事が出来るのであれば、食事で何とかするという事も可能です。
ただ、人によっては毎日何度も吐いてしまう事も決して少なくありません。
栄養素はサプリメントで補う方が、実は精神的なストレスも軽減される場合があります。
また、吐きづわりの場合はすぐに吐いてしまう事も多い為、サプリメントを飲んですぐに吐いてしまった場合はもう1回飲む方が無難です。
過剰摂取は心配する必要がありますが、基本的には葉酸は過剰な分は尿中に排出される様になっているのでそれ程心配する必要はありません。
また水分不足はサプリメントでは補う事は出来ないので、出来るだけこまめに水分摂取をする事も重要です。

葉酸サプリについて記事一覧

葉酸は実際には食材にも含まれている物なので、食事から摂取する事は決して不可能ではありません。ただ基本的に葉酸400µgを摂るにはある程度の量の野菜を食べる必要があります。また、野菜自体は生で食べる物もありますが、葉酸を上手に摂取する上ではそれが沢山含まれている野菜を利用する必要があります。現在、葉酸が豊富に含まれている野菜として知られているのがブロッコリーです。では毎日ブロッコリーを食べれば良いの...

胎児のため、妊娠中のママのためには葉酸が必要です。胎児の神経管閉鎖障害を防ぐ効果が期待できる葉酸の摂取は、厚生労働省でも1日あたり400μgを推奨しています。しかし、この量の葉酸を食事のみから摂るのは困難です。また葉酸は水や熱に弱い性質があるので、葉酸を含むほうれん草やブロッコリーなどの野菜を洗ったり火にかけたりするたびに失われていってしまいます。安全性が高く飲みやすいAFCそれを補うためには葉酸...

人によっては大体妊娠5週目、6週目あたりから胃がむかむかして来たり、吐き気を感じたり、また実際に吐いてしまう事があります。これはつわりで、一般的には妊娠3か月から4か月頃には次第に軽くなってくるのですが、出産まで続く人もおり、人それぞれとなっています。つわりの時はなかなか色々な物を食べる事が出来ないだけでなく、食事の形等にも敏感に反応してしまう事も少なくありません。また食べると吐いてしまうという事...

妊活中や妊娠初期に良いとされているのが、葉酸です。葉酸を積極的に摂取することによって、赤ちゃんの成長をサポートすることができるとされています。妊活中や妊娠初期に目安となる摂取量は、1日400の葉酸です。目安が1日400の葉酸となっているのは、厚生労働省も推奨しているからです。妊活中や妊娠初期の女性に厚生労働省も推奨しているので、信頼のできる数値と言えるでしょう。葉酸を摂取するためには、ブロッコリー...

このページの先頭へ